090512

東京都「自動二輪車駐車場整備促進アクションプログラム」策定について

社団法人 東京駐車協会

 平成18年11月、改正駐車場法が施行され、駐車場法に規定する「自動車」の定義に自動二輪車が加えられました。

 地域によっては、自動二輪車受入れに積極的に対応したり、自動二輪車専用駐車場を設置するなどの対応が図られておりますが、多くの地域では、まだ自動二輪車の駐車場が十分に整備されていない状況にあります。

 こうした課題に対応するため、東京都では、平成19年に「自動二輪車駐車場整備促進検討会」を発足させ、(社)東京駐車協会をはじめ民間駐車場事業者等の駐車場関係者、(社)日本自動車工業会、NMCA日本二輪車協会等自動二輪車関係者も含め、自動二輪車に関わる関係者が参画し、検討を重ねてきたところです。
 そして、今般、自動二輪車対策を実施するための手引として、「自動二輪車駐車場の整備促進アクションプログラム」が取り纏められ、本年4月30日にプレス発表がなされたところであります。
駐車場事業者各位のご参考にされたく、お知らせ致します。

 
尚、本アクションプログラムの主な項目内容は下記の通りです。

<ガイドライン編>

       公共用地の利活用
     路上自動二輪車駐車場の整備
     自動二輪車駐車場の附置
     ライダーのモラル向上等
     駐車機器の開発
     案内誘導方策(駐車場案内誘導標識の設置)

<駐車場整備計画立案編>

<助成制度活用編>

*詳細については、下記アドレスにアクセスして下さい。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2009/04/20j4u100.htm